水素のチカラで生まれ変わるイキイキ元気な体を作ろう

Health

より良い状態に改善

腸内には多くの細菌が棲みついていますが、人間の免疫力のおよそ7割は腸内細菌に左右されると言われています。そのため、腸内環境を整えてバランスを保つことで免疫細胞が正常に働き、健康を保つ上で重要な役割を果たしています。 免疫力とは病気やケガをした時に回復する力のことを言いますが、現在では健康法の一つとして免疫力を高めることがブームとなっています。 腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが大事になりますが、理想的な腸内環境は善玉菌が9割、悪玉菌が1割と言われています。悪玉菌が増えると免疫力が低下し、病気などにかかりやすくなってしまいますし、発がん性物質などの有害物質が発生する原因にもなってしまいます。

腸内環境を整える上で重要なのは食生活や生活習慣を改善することです。 食生活ではなるべく動物性脂質を減らして、食物繊維や乳酸菌が多く含まれている発酵食品を摂るようにするのが効果的です。 食物繊維には腸内で善玉菌が増える助けとなる役割を果たすとともに、水分を吸収するので便を柔らかくする働きもあります。 また、乳酸菌には善玉菌を多く含んでいるので積極的に摂取することが望まれますが、乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。動物性乳酸菌は口から摂取してもその多くが胃酸によって分解されて死滅してしまいますが、植物性乳酸菌の場合は分解されずに腸内まで到達できるので、腸内環境を整える効果が高いと言われています。